医学部への入学の道のりを成功させるために予備校を利用した効果

居住している自宅の管内では偏差値の高い優秀校に通っていました。高校受験の時にはあまり苦労をせずに自宅学習によって、 見事に高校受験には成功することができました。我が家は祖父の代から開業医を行っていて、私の父親も医者として仕事をしています。 そのため、幼少期から将来的には医学部に入って、医者を目指していて、高校でもそれなりの成績を収めることができました。 特に理数系の科目には自信を持っていて、実際に学力試験などでも優秀な得点を得ることができてしまいた。

ところが高校3年生に入って、受験先を決定した後に学校生活を送っていると、学校内では常に良い成績だったことも一因となっていて、 不安感などを持つことなく、どちらかといえば自由な生活を送っていました。その結果として夏休み前の学力試験の結果は思わしくなく、 偏差値を見てもこのままでは医学部に入ることが難しい状況です。管内にはさらに優れた高校が存在していて、自分の学校で優れていても、 広い視野で見た場合では太刀打ちできない現状も知ることができました。

当初は医学部ではなく、もっと簡単な大学へと進むことも考えたのですが、焦りばかりが前に出てしまって、 正しい判断を行うことができない状態です。我が家ではどうしても医学部へ入ることが使命のようになっていたことも事実で、 一念発起して医学部受験用の予備校 に通うことを希望しました。今までに学習塾などは一度も利用した経験が無かったので、 最初は予備校に通うことが面倒に感じたものですが、医学部予備校ナビで検索を行って予備校探しをしていると、 数々の口コミなども見ることができて、各予備校の実績と効果も知ることができました。

NEXT

以下、僕が口コミを見ていたサイトです。
医学部予備校受験ナビ
医学部予備校比較ランキング